自動車重量税とは

 

自動車は所有しているだけでも税金が発生するものです。所有者からすれば財産であり、国から認められた上で走行できるものであるため、それに伴う税金負担があるのは仕方ないということでしょう。

自動車重量税は国税として一般の消費者から徴収するものです。車検等を済ませてから車検証ないしは届出済証を交付された後、納付義務が発生することになります。税収の使い道は、基本的に国に納められるのですが、一部が道路の修繕などを目的にして自動車重量譲与税という形で各市町村に譲与されるという政策が取られています。なお、問題点として指摘されていた自動車重量税の負担については、2010年に見直された結果、税額が20%程度引き下げられるという結果になりました。

自動車重量税の本則について見てみると、乗用車やトラックなどの貨物自動車、軽自動車やバイクでそれぞれに税金が課されることになっています。古い車種では税額が高くなってしまいますが、ハイブリッドカーをはじめとした次世代の車であれば税額が50%まで抑えられるという特典があります。環境に配慮した車種であれば税率の軽減が適用されるため、次世代の自動車に乗り換えてエコロジーなモータリゼーション化を進めるメリットを、政策として国が打ち出しているのです。

自動車重量税は普段なじみの無い税金であり、時々思い出したようにやってくるものです。当サイトでは自動車重量税に関するさまざまな情報を取り扱います。自動車にかかる税額について考えた時にお役立ていただければ幸いです。

▽推奨サイト
自動車の運転免許を短期間で取得できる合宿免許の情報サイトです → → 合宿免許

Copyright © 2014 自動車重量税ガイド All Rights Reserved.